まえしまのブログ

死にゃあせん。©︎母上

月一の更新ペースを死守せよ!!!

どうもおはこんばんにちは、まえしまです。

 

3月が終わりますね。皆様いかがお過ごしかな。

 

おれはといえばご飯は食べたものの、まだ洗い物残っているしベッドの上には洗濯物が放り出されている。月末の金曜日、財布の中には51円しかなく、どこに出かけるでもなく家でYouTubeばっか見てる。学生の頃の自分はこんな虚しい独身一人暮らしの金曜日なんて想像できただろうか。多分できたな。

 

なんとなく、はてなブログアプリを久しぶりに開いたら、久しく更新してないことに気がついた。今回のタイトルをご覧いただきたい。

 

「月一の更新ペースを死守せよ!!!」

 

まあちょっと大げさに言ったけど、それくらいのペースでやっていけたらいいなと年明けに決めたことを思い出した次第だ。まあでも、書くことが好きで始めたブログだから、義務感に追われて書こうものならそれは趣味の範疇を超えてしまう。楽しくなければ趣味じゃない。だからまあほどほどに。時に衝動的に、時に巧みにやってゆきたい。

 

さて今日のテーマは、

 

「前島的小さな幸せ2018春」

 

これでいこうと思う。PTの国試の勉強してた頃かな。あの頃から幸せの閾値がどんどん下がっていったことをよく覚えてる。最終的には翌日の朝飯の納豆&白米が楽しみだったからな。どんだけ追い込まれてたんだ恐ろしい。まあその頃から幸せ閾値レベルあんまり変わってないけど。エコな脳みそということにしといて。ではいこう!

 

まずこちら。

 

ごはんですよon豆腐」

 

解説:3個パックの絹豆腐にごはんですよをかけて食うとめっちゃうまい。ご飯よりあう。これはガチ。毎日食ってる。姉考案。神。

 

はい次。

 

「風呂入って速攻寝る計画」

 

解説:YouTubeにて打首獄門同好会「フローネル」参照。お風呂最高。二度寝最高。それぞれの趣味に走ればいいじゃん。

 

次!

 

「春の歌、時々ダンス」

 

解説:春を歌った歌は気分が上がる。歌い出してしまってもいいじゃない。踊り出してしまってもいいじゃない。だって一人なのだから!!!

 

次ぃ!

 

「欲しいものを眺め、妄想する」

 

解説:いいものを見つける旅は永遠に終わらない。物欲は尽きない。「これ欲しいけど・・・高え・・・でも欲しい・・・もし手に入れたなら・・・」手に入れるまでが一番楽しいみたいなとこある。旅行と一緒。計画してる時が楽しいみたいな。あーーカメラとギター欲しい。

 

ラスト!

 

「eatアイスonソファafter風呂」

 

解説不要。問答無用。チョコミントアイス is うまい

 

いかがだっただろうか。以上が「前島的小さな幸せ2018春」だ。くだらないと思うだろうか。おめでたい頭だと思うだろうか。だが聞いてくれ。おれだって悩みゼロのスーパー能天気マンなわけじゃない。まだまだ仕事は一人前じゃないし、残業してるし、同期はいないから仕事終わりにだれかと一杯とか滅多にない。恋人がいる人たちが、友と頻繁に会える人たちが、SNS上の笑顔の人たちが羨ましくなる。どうしても誰かと比べて劣等感を感じてしまう。その誰かは自分のことなど気にも留めていないのに。悩みのない人などいないのに。

 

そうした心の闇が小さくなることはあっても、悟られないように隠すことはできても、心の隅で決して消えることはない。一年前、死にたくなってギリギリで立ち直った時、一人で生きていける強さを手に入れたけど、誰といても決して消えない寂しさも一緒についてきた。

 

人生は長い。大きな幸せはまだないのかもしれない。けれど、小さな幸せを積み上げて自分を好きになることは出来る。味気ない日々を乗り越えることは出来る。幸せの引き出しはたくさんあったほうが楽しい。人それぞれの幸せを大事に秘めておけばいい。幸せの閾値が低くてもいい。

 

相田みつをさんの言葉を借りて、久々のブログを締めることにする。

 

「しあわせは いつも じぶんの こころが きめる」