まえしまのブログ

死にゃあせん。©︎母上

年末年始に身を潜めていた物欲が暴れ出した

こんにちは!!!

長野県出身横浜市在住、24歳会社員のWANIMAです!!!

ドゥルドゥンッッ(ドラム)

ジャーーーーーーーーーーン!!!!(ギター)

 

 

 

はい。前島がお送りしておりますごきげんよう

 

あの〜さ、ネットショッピングって楽しいよね。今日はそういう話。スマホと電波さえあれば、画面の向こうには数多のお店が並び、気軽に見れてタップ一つでなんでも買える。平日でも休日でも、早朝でも深夜でも。たとえそこが職場でも、布団の中でも、駅のトイレの便座の上でも。電波さえ、あれば。たまにようわからんカフェとかコンビニのWi-Fi拾ってしまってパニクるけどね。まあほんと、素晴らしい時代だよね。

 

でも、特に服なんかは、ネットで買うよりも実際見にいった方がいいと思う。当たり前だけど。目で見て触って、必要があれば試してみて、そして自分で納得して買ったほうが後で後悔しないに決まってる。待ち時間ゼロで現物がすぐに手に入るし、写真では気づかなかったことを知ることもできる。目当ての商品以外でも気になるものが見つかるかもしれない。迷って悩んで財布と相談して、購入した後ワクワクしながら家まで持ち帰り、自分のものにしていくという一連の行為の満足感や幸福感は、買い物の醍醐味とも言えるだろう。足動かして五感使って、満足のいくものを追い求める。まさに貫く生き様ストロングスタイル。

 

しかしだ。スマホがもはや臓器と化し、家から、むしろ布団の中から出たくない我々現代人にとって、ネットショッピングの便利さはもはや手放せないものとなっている。これを読んでくれているあなたはどれくらいの頻度でネットショッピングを利用しているだろうか。買いだめが面倒な日用品までネットで済ませているだろうか。遠くて買いに行けない、もしくは店舗で売っていないものに限り利用しているだろうか。どうだろうか。手数料が掛からないし一番楽だからとクレジットカードで支払いを済ましてばかりいると、請求額が怖くなるのはおれだけだろうか。

 

さて、ボーナス月であった12月に使った分の請求額が、1月末に口座から引き落とされた。金額は伏せるが、いつもより多かったのは言うまでもない。申し訳程度のボーナスでも、日本の経済を回したことにおれは誇りを持っている。後悔はない。

 

クレジットカードというシステムはだいたい、1ヶ月後にようやく目に見える形でお金が減るので、貧乏性のおれとしてはあまり大きな額をドカンと引かれたくはない。いつもより多く1月末に減るとわかっていたので、年末年始はほとんど買い物をしなかった。しかし、決して欲しい物がなくなったわけではない。「欲しいな、でも買うのは今じゃない…」

 

そう、言わば物欲は年末年始、身を潜めていたのである。水面下で、しかし着実に力を蓄えながら。禁じられると知らぬ間に膨れ上がり手に負えないものになってしまう。欲とはそういうものだ。

 

そして今週、おれはついに暴れ出した物欲を解放した。均衡は崩れた。引き落とし後の口座残高のある程度のめどがついた段階で、物欲は今にも飛び出しそうなクラウチング姿勢をとっていたのだ。もう限界、自分で買えこのクソ野郎と、おれはおれ自身の物欲に突き動かされた。

 

おれがネットで買い物をする時はいつも、週の半ばあたりに購入して週末には届くようにしている。土曜の午前、いつもなら惰眠を貪っている時間にチャイムが鳴るのだ。寝起きオブ寝起きでフラフラと玄関まで行きサインをして品物を受け取る。血の回らない頭でぼんやりと、ゆっくりと幸せを噛みしめる。楽しみにしていたブツが届いたのだ。もう眠くなんかない。果たして二度寝をしている暇などあるだろうか。いや、ない。開封だ、開封の儀だ。ダンちゃんはどこだ。

 

ということで、今週ネット購入したのは、服2点、バッグ2点、そして、観覧車とスカイツリー。服2点は、セールで半額になっていたニットとパーカー。ZOZOTOWNさんありがとう。バッグ2点は旅行バッグと通勤バッグ。前から買い替えたかった。それぞれについてどうして買ったか、どういうところが決め手になったのか等の経緯を語り出すと止まらなくなるので自重するが、満足のいくものが届いた。

 

お察しかもしれないが、観覧車とスカイツリーというのは模型だ。観覧車は全高450mm、スカイツリーは634mmだ。なかなかの規模の建築工事になる。部屋に飾りたいというのと、単純に細かい部品とかを組み上げるのが好きだから買った。

 

さて。これで暴れ出した物欲も鎮静化されたかと思いきや、物欲というのは恐ろしきかな、底もてっぺんもありゃしない。もう最近、欲しいが止まらない。カメラが欲しい、イヤホンが欲しい、時計が欲しい、アコギが欲しい、もっともっと服が欲しい。ついでに優しさと癒しと温もりが欲しい。ついでについでに、いつか素敵な家庭を築きたい。子供は最低2人欲しい。…ん?あれ?ちょっとまて、方向性がおかしくなってきた。

 

暴れる物欲に限度はないように思うが、残念お金は有限。自分が稼いだお金を自分でやりくりして自分の欲しいものに使えることは、当たり前だが幸せなことではないだろうか。守るべきものも、ともに生きていく誰かもいない、おひとりさまの今こそ限界まで自分の好きなようやれるではないか。いや強がりじゃなくて。だって勤労も納税もちゃんとしる。自由にやらせてくれ。つまるところ、おれは買い物が好きだ。たとえ日用品とかの些細なものでも悩む時はバカほど悩む。無駄に種類を増やすな、サイズを増やすな、色を増やすな。この面倒くさい生き物、別名を優柔不断という。

 

欲しいものを手持ちのものと比べて、値段以外のことをたくさん知って、値段の理由を理解して、ああだこうだと悩む時間、それこそ楽しい。買った後どう使うかとか、それによって新たに欲しいものができたり、いらないものが出てきたり。いらないものを整理して断捨離、これまた楽しい。優柔不断なくせに断捨離が好き。意味不明である。

 

なんにせよ、今のおれは貯金なんてナンセンス、買い物で経済回してくスタンス。未来の備えなんて必要ない。今日、今ここに、おれがいて、生きていて、心と体、脳みそがあれば十分。なぜなら…

 

今日現在(いま)を最高値で通過してくから…

 

明日には全く憶えていなくたっていいから…

 

いいから…

 

いいから気持ちよくするから…

 

以上、WANIMAでした。

 

※出演アーティスト

ヤバイTシャツ屋さん

KREVA

キュウソネコカミ

打首獄門同好会

ELLEGARDEN

東京事変

WANIMA