読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まえしまのブログ

自己満足ですのでお構いなく。

ペアルックについての一考察

現代は情報社会だ。便利な時代だが、時として見たくもない情報に触れてしまうことがある。何を信じたらいいのか、何が本当なのかわからなくなってしまうことがある。表現が自由な分、自制心や責任という概念が生じてくる。さて、私が見たくない情報のひとつに、「ペアルックをしているラブラブなカップル」というのがある。見たくなければ見なければいいという意見に対して反論しておこう。「ペアルックをしているラブラブなカップル」、長いのでペラプルと略させていただく。ペラプルなんて、高校生じゃないんだからそんなに見ないでしょ、と侮るなかれ。リツイートされたりなんだりでツイッターのタイムラインに登場する見知らぬアカウント。そのプロフィール画像。ラインの友達のホーム画面。もはやSNSではないが、田舎の高校周辺や都会に行けばそこら辺を歩いている若いカップル。ペラプルは神出鬼没なのだ。したがってペラプルは、見たくなくても見てしまう情報なのである。なぜ見たくないのか語る前に、まずペアルックとは何なのか、前島の脳内広辞苑を引いてみよう。

 

ぺあるっく【ペアルック】(名)・・・恋人同士が、全身をお揃いのアイテムで着飾ること。またその状態。本人たちは正気とは思えず、相手のことを好きすぎて世間の目という概念が頭から消え去っている可能性がある。前島の場合、見ていて大変不快な気分になる。

 

・・・やべえな。前島の脳内広辞苑やべえな。独断と偏見にまみれたディスり辞書かよ。前島の場合とか言っちゃってるよ・・・

上記のような感想を持ったあなた。あなたです。ありがとう。十分褒め言葉ですよ。あのねえ、長いこと恋人がいないと、脳内もそりゃおかしくなりますって。表に出してないだけですよ。わかってよ。勘弁してほしいね本当に。

さて、なぜペアルックを見たくないのか。理由はもう、考えれば止めどなく出てくるが、なんとか根本の2つに絞った。

まず、うらやましい。いや誤解しないでほしい。決して自分がペアルックをしたいということではない。ペラプルをみると、一発でわかるのだ。そこまで心を許し合う関係であり、お互いを認め合っている関係なのだと。世間の目や、恥じらいと言う感情を越えるほどに好きに正直になれる関係なのだと。ああ、ただただうらやましい。畜生。

そして次に、ダサい。これはペアルックをするという行為自体に向けた感情なのだが、非常にダサい。私はオシャレというものに人並み程度に興味はあるつもりだが、その観点からの考えである。恋人同士とはいえ、なぜ同じ格好をするのか。女性は女性らしい、男性なら男性らしい格好というものがあるはずだ。好きな人には、その人が一番好きな格好をしていて欲しいし、それが一番魅力的だ。私の場合、どんなに特別なシチュエーションだったとしても、それは決して男である自分と同じ格好ではない。いやあ、非常にダサい。

 

はぁ、満足した。ディスるだけディスってなんだが、満足した。これでペラプルを見ても多少は心を穏やかに保つことができる。負の感情を出したので、ここからは正の感情とでもいうべき私の妄想にお付き合いいただきたい。ペアルックについて考えるうち、ペアルックとまではいかないが、この先恋人ができたらやってみたいことができたのだ。

全身は嫌だが、どこか一つだけ、アイテムを合わせるというものだ。シャツとか、デニムとか大まかなカテゴリーでもいいし、青系のチェックシャツとか具体的になってもいい。周囲から見たらわからない程度のアイテムでもいい。アナログ式の時計とか、白い靴下とか、ブランド問わずとにかくスニーカーと呼べるもの、とか。アイテムじゃなくても、服装の大雑把なテーマでもいい。今は春だから、春を意識した服装とか、黒いアイテムを入れた服装とか、とにかく自分が思うカジュアルな服装とか。そうして、出かけようとして服を選ぶたび、同じアイテムやテーマで服を選ぼうとしている相手のことを考える。その瞬間、脳内にその相手が出現する。確かに存在する。どんな反応をするだろうか、相手はどんな格好だろうかと想像する。そして会ったとき、まず一番にそれを話題にできる。このデニムに合わせるために新しい服を買いにいったんだよ、とか、へえ、あなたにとっての春はそんなイメージなのね、とか。それで褒めあえたら最高だ。付き合いたてのラブラブな時期限定でもいい。そのうち飽きてきて、時間が経ってふと思い出したころにそういえばあんなことやってたね、久しぶりにやってみる?なんてなるのもいい。そうやってファッションを楽しんでデートや旅行に行きたい。きっと楽しい。

もしかしたら、これが私なりのペアルックなのかもしれない。おそらく世のカップル達は、こういうことを無意識のうちにやっているのだろう。そうして気持ち以外でも繋がりを持っているのだろう。うーん、よくわからなくなってきた。何を信じたらいいのか、何が本当なのかよくわからなくなってきたところで終わりにしておく。ペアルック、悪くないな。