読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まえしまのブログ

自己満足ですのでお構いなく。

わき毛の存在意義から生きる意味を考える

転職活動をしてきた。履歴書を持って都会の会社に行ってきた。履歴書の特技欄には、理学療法士という仕事をそれなりに1年間やってきて、培ったものを書いた。ブラインドタッチと、雑談と、マッサージである。理学療法士をしていれば当然のようにやっていたことであるが、とらえ方次第では特技になるのでは?と思って書いておいた。その中の雑談。今日は雑談をする。転職活動のついでと言っては失礼だが、会いたい人がたくさんいたので、会ってきた。雑談なんてそこで死ぬほどできたが、なかなかどうして、自分の近況を話して、みんなの近況を聞いていると、くだらない話をする時間もあっという間に過ぎてしまった。そこで、誰にも話す機会なくずっと温めていた話をしようと思う。「わき毛」という一見、いや一聞気の抜けてしまいそうな言葉から、生きる意味を考えるというものだ。

 

さて、改めてむちゃくちゃなタイトルだな。我ながら。まあ、タイトルに負けないようにむちゃくちゃ書いていきたいと思う。

わき毛とはなんだろうか。わき毛の存在意義とはなんだろう。なさそうだよね。わき毛と言えばムダ毛みたいな風潮あるし。女性は大体剃ってるもんだよね。でも、でもね。これでおしまいにすると面白くないじゃない。生きる意味もそう。答えなんてなくていいんだけど、無くても人は生きていけるけど、考えちゃうでしょ。おれはなんのために生きているんだろうって。じゃあちょっと考えてみよう。まずはわき毛がなんで存在しているのかから考えてみよう。

わき毛。腋の下に生えている毛。そもそもなんで人間に毛があるのだろう。うーん、人体にとって大切な脳や臓器を守るため。体温を調節するため。・・・だめだこのくらいしか思いつかない。生理学を学んだのが遠い昔に感じる。まあこれが正しいとして話を進めていこう。胸やお腹に毛はないけど、臓器を守るために肋骨があり、筋肉があり、脂肪がある。脳は頭蓋骨に守られ、さらに毛髪で守られている。目の上には眉毛があり生殖器には陰毛がある。なにかを守るためや効率を上げるために「毛」という形態が発達するのは臓器の中の構造でも同じで、絨毛とか繊毛とか、なんやかんやあった気がする(忘れた。)じゃあ、腋には何があるだろう。そもそも守るべきなんだろうか。

腋は人体の構造的に肩で守られているではないか。大学1年生のころ人体構造学の初回の授業でDeltoidを学んでデルパンとか言って肩パンチをやりあった記憶がある。いくらパンチしても痣ができるくらいで、血が止まったり指が動かなくなったりはしなかった。しかし待てよ、それ以上に守る必要があるということなのだろうか。熱中症で倒れたときは腋窩を冷やすし、体温は腋窩で図るのが一般的だ・・・

少し話をそらそう。指紋認証やタッチパネル。今スクロールしているその指が、なぜ触れるだけで反応できるか不思議に思ったことはないだろうか。私はある。曖昧な記憶だが、たしか生体が発する微弱な電磁波だかなんだか、とにかくエレクトリックななにかで反応しているのだ。これを可能にしているのは、神経が通っているとか、血が通っているとか当たり前のことだ。わき毛が守っているものは、まさにこれではないのか。

神経と血管。正式な名前はググるのが面倒なのでやめておく。腋の下には指先まで枝分かれしながら伸びる、それらが通っている。脇の下には骨がない。筋肉もほとんどない。薄い脂肪と皮膚があるのみだ。腕が守ってくれるとはいえ、肩関節には可動域があるから、ノーガード状態になってしまうことがある。そこでわき毛の出番だ。大切な神経と血管を守り、体温を調節している。うん、こんなところにしておこう。これが私なりのわき毛の存在意義だ。いまキーボードを打てるのは、わき毛が神経と血管を守ってくれているからなのだ。これからは、わき毛がはみ出ていたり、剃り残されていたり、臭ったりしても少しだけ許せる気がしてきた。少しだけね。

 

さて生きる意味である。23歳にしてそんなことわかるわけないし、分からなくていいし、極論一生わからなくていい。でも考えるのは楽しい。わき毛について考えていると、曖昧になっていたけど断片的によみがえってきた生理学の知識とか、人体構造学のこととか、タッチパネルの話とか、どんどん出てきた。楽しいから考えるのか、考えるから楽しいのか、まあどっちでもいいが、とにかく考えてみよう。生きる意味って、なにも壮大なことを言っているわけではない。今日仕事を終えたら好きな人に会えるからとりあえず今日は生きるとか、好きなものを食べるためとか、お金を稼ぐためとか、人それぞれ、大なり小なりあるものだ。まあ生きる理由とも言い換えることができる。わき毛が大事なものを守っているように、自分にとって大事な人やものを守ることが生きる意味になるかもしれない。もう少し先の話になりそうだが。

たくさんあるが、今の私にとっての一番大きい生きる意味は、自分の「好き」を追求することだ。人に対しても、仕事に対しても、遊びに対しても。「好き」無敵論というブログを書いたが、本気で無敵だと思っている。「好き」に勝る原動力はないと思う。私は心を病んで、「死」というものに一度本気で向き合った。今は死ぬことが一番怖いのだが、当然人はいつか死ぬ。今苦しくても、楽しくてもいつか死ぬ。世間から見放されても、親に怒られても、恥をかいても、笑われても、100年後には言ったほうも言われたほうもみんな死んでる。それだけは確かだ。だったら、だ。それなら、自分の好きなように生きたいじゃん。何言われようが関係ないじゃん。それで死ぬわけじゃないじゃん。

漫画ONE PIECE第1巻の、主人公ルフィのセリフにこんな名言がある。

「おれはさ 海賊王になるんだ!!!」「おれがなるって決めたんだから その為に戦って死ぬんなら別にいい」

私もルフィに見習って、名言を残しておこう。

「おれは好きなように生きる。おれがそうするって決めたんだから、その為に生きて死ぬんなら別にいい」

 

いやークッセーなー。クッセー。クセェついでに、死ぬ間際に言いたいセリフも書いておく。

「生きる意味なんてわからなかった。でも楽しかった、疲れた。」

ペアルックについての一考察

現代は情報社会だ。便利な時代だが、時として見たくもない情報に触れてしまうことがある。何を信じたらいいのか、何が本当なのかわからなくなってしまうことがある。表現が自由な分、自制心や責任という概念が生じてくる。さて、私が見たくない情報のひとつに、「ペアルックをしているラブラブなカップル」というのがある。見たくなければ見なければいいという意見に対して反論しておこう。「ペアルックをしているラブラブなカップル」、長いのでペラプルと略させていただく。ペラプルなんて、高校生じゃないんだからそんなに見ないでしょ、と侮るなかれ。リツイートされたりなんだりでツイッターのタイムラインに登場する見知らぬアカウント。そのプロフィール画像。ラインの友達のホーム画面。もはやSNSではないが、田舎の高校周辺や都会に行けばそこら辺を歩いている若いカップル。ペラプルは神出鬼没なのだ。したがってペラプルは、見たくなくても見てしまう情報なのである。なぜ見たくないのか語る前に、まずペアルックとは何なのか、前島の脳内広辞苑を引いてみよう。

 

ぺあるっく【ペアルック】(名)・・・恋人同士が、全身をお揃いのアイテムで着飾ること。またその状態。本人たちは正気とは思えず、相手のことを好きすぎて世間の目という概念が頭から消え去っている可能性がある。前島の場合、見ていて大変不快な気分になる。

 

・・・やべえな。前島の脳内広辞苑やべえな。独断と偏見にまみれたディスり辞書かよ。前島の場合とか言っちゃってるよ・・・

上記のような感想を持ったあなた。あなたです。ありがとう。十分褒め言葉ですよ。あのねえ、長いこと恋人がいないと、脳内もそりゃおかしくなりますって。表に出してないだけですよ。わかってよ。勘弁してほしいね本当に。

さて、なぜペアルックを見たくないのか。理由はもう、考えれば止めどなく出てくるが、なんとか根本の2つに絞った。

まず、うらやましい。いや誤解しないでほしい。決して自分がペアルックをしたいということではない。ペラプルをみると、一発でわかるのだ。そこまで心を許し合う関係であり、お互いを認め合っている関係なのだと。世間の目や、恥じらいと言う感情を越えるほどに好きに正直になれる関係なのだと。ああ、ただただうらやましい。畜生。

そして次に、ダサい。これはペアルックをするという行為自体に向けた感情なのだが、非常にダサい。私はオシャレというものに人並み程度に興味はあるつもりだが、その観点からの考えである。恋人同士とはいえ、なぜ同じ格好をするのか。女性は女性らしい、男性なら男性らしい格好というものがあるはずだ。好きな人には、その人が一番好きな格好をしていて欲しいし、それが一番魅力的だ。私の場合、どんなに特別なシチュエーションだったとしても、それは決して男である自分と同じ格好ではない。いやあ、非常にダサい。

 

はぁ、満足した。ディスるだけディスってなんだが、満足した。これでペラプルを見ても多少は心を穏やかに保つことができる。負の感情を出したので、ここからは正の感情とでもいうべき私の妄想にお付き合いいただきたい。ペアルックについて考えるうち、ペアルックとまではいかないが、この先恋人ができたらやってみたいことができたのだ。

全身は嫌だが、どこか一つだけ、アイテムを合わせるというものだ。シャツとか、デニムとか大まかなカテゴリーでもいいし、青系のチェックシャツとか具体的になってもいい。周囲から見たらわからない程度のアイテムでもいい。アナログ式の時計とか、白い靴下とか、ブランド問わずとにかくスニーカーと呼べるもの、とか。アイテムじゃなくても、服装の大雑把なテーマでもいい。今は春だから、春を意識した服装とか、黒いアイテムを入れた服装とか、とにかく自分が思うカジュアルな服装とか。そうして、出かけようとして服を選ぶたび、同じアイテムやテーマで服を選ぼうとしている相手のことを考える。その瞬間、脳内にその相手が出現する。確かに存在する。どんな反応をするだろうか、相手はどんな格好だろうかと想像する。そして会ったとき、まず一番にそれを話題にできる。このデニムに合わせるために新しい服を買いにいったんだよ、とか、へえ、あなたにとっての春はそんなイメージなのね、とか。それで褒めあえたら最高だ。付き合いたてのラブラブな時期限定でもいい。そのうち飽きてきて、時間が経ってふと思い出したころにそういえばあんなことやってたね、久しぶりにやってみる?なんてなるのもいい。そうやってファッションを楽しんでデートや旅行に行きたい。きっと楽しい。

もしかしたら、これが私なりのペアルックなのかもしれない。おそらく世のカップル達は、こういうことを無意識のうちにやっているのだろう。そうして気持ち以外でも繋がりを持っているのだろう。うーん、よくわからなくなってきた。何を信じたらいいのか、何が本当なのかよくわからなくなってきたところで終わりにしておく。ペアルック、悪くないな。

「好き」無敵論

「好きなことで、生きていく」

だいぶ前ではあるが、このフレーズを聞いたことがある人は多いのではないか。動画配信サイト「YouTube」の広告動画のタイトルである。テレビCMでも放映されていたような記憶がある。YouTuberと呼ばれる、動画を投稿して広告収入を得る人たち。その人たちは「好きなことで、生きている」というのだ。

この言葉を聞いて、私は当初、あまりいいイメージを抱かなかった。「そんなの、一握りの人たちだけだろ。」「おれが好きなことで生きようとしたら、とたんにのたれ死んでしまう。」「いいな好きなことで生きていけて。」そんな風に思った。もちろんYouTuberが嫌いなわけではないが、あの言葉はとても無責任な気がした。あの言葉が、もう少し長くて、たとえばこんな感じだったら、少しは納得したかもしれない。「好きなことで、生きていく。残業なし。夜勤なし。みんないい人。休みしっかり。福利厚生ばっちり。給料どっさり。ボーナス文句なし。」いや、やりすぎか。ありえない。そんな夢みたいな職場はありえない。好きなことで生きていこうとすると、様々なことが立ちふさがる。その様々は人によって違うが、結局は、どこで妥協するか、なのだ。なぜこんな話をしたかと言うと、「好き」を仕事にしてお金を稼ごうとすることが、今の世の中では困難なこと、稀なことという認識があるのではないかと考えたからだ。いやあ、世知辛え。しかし冒頭の言葉は、本質をとらえていると思う。最後にもう一度考えてみることとする。

 

さて、本題に移ろう。「好き」無敵論と書いた。「論」というからには、それなりに論じなければならない。好きとは何か、無敵とは何か、なぜ「好き」は無敵なのか。この3本立てでいこうと思う。

まず、好きとは何か。いやいきなりムズっ。自分で言っといてなんだがムズっ。学生の頃、好きな人がいてもなかなかアプローチできず、恋人ができなかった私は、飲み会の席で度々この手の話題を出した。「好きって、なんだろうな。」答えは出ないが、よい酒のつまみになったことは確かだ。異性に限ったことではあるが、好きは人それぞれだった。見ているだけで十分とか、どうしても自分のものにしたいとか。異性の話を例に出したが、なにも好きは、人に対してのものだけではない。目に見えないもの、例えば体を動かすこととか、音楽とか、季節の移ろいとか、考え出したら止まらないほどたくさんのものに好きは向けられる。そして好きという気持ち自体も、形のないものだ。言葉や、音楽や、絵など、たくさんのもので好きを形にはできる。しかし、好きという心の中の気持ちは、目に見えないものである。さらに、好きは、自分だけが感じることができる。誰かに侵されることなく、自分だけの気持ちとして持つことができる。これに関しては人間の持つ感情というもの自体の特性のように思うが、特に好きはその傾向が強い。まとめておこう。私なりの好きは、「人それぞれで、形がなく、主観的なもの」である。

次に、無敵とは何か。これまたムズい。無敵と聞いてイメージするのは、スーパーマン。あとは、マリオがスターをとったときの無敵状態。軽快な音楽とともに体を虹色に輝かせ、敵をなぎ倒していくあの状態。もう少し真剣に考えてみよう。人間が、どうしても逆らえないものがある。それは、自然の摂理と、生物としてのヒトの本能だと思う。どんなに人間が頑張っても自然災害は起こるし、時間や距離には勝てない。悲しくてもお腹は減るし、楽しくても眠くなる。恋人がいたとしても露出の多い女性には目が行ってしまう。(これに関しては許してほしい。)つまりこれらに勝てたら、これらを越えていけたら、無敵ではなかろうか。敵が何かはよくわからないままだが、とにかく無敵ではなかろうか。「自然の摂理、ヒトの本能を越えていくこと。」そういう事にしておこう。

では最後になぜ「好き」は無敵なのか。ここまでの理論で行けば、好きは「人それぞれで、形がなく、主観的なもの」で、それが「自然の摂理、ヒトの本能を越えていく」ということになる。まあこれは絶対ではなくて、そういうこともある、ぐらいで考えておけばいいと思うのだけれど。例を挙げてみよう。遠距離恋愛である。進学や就職を機に、物理的な距離が離れてしまったふたり。今までのように、頻繁に会うことはできない。どこからを遠距離と呼ぶのか知らないが、それは関東と東海とか関東と関西とかにしておこう。会えて、週に1回。下手すると1か月に1回。二人の間に「距離」、そして「会いに行くための時間」という、人間が逆らえないものが立ちふさがる。しかしそれでも、ふたりは交際を続ける。なぜか。好きだからである。この世に光よりも速いものがあるとすれば、それは人の気持ちである。その中でも好きは飛び抜けて速い。ふたりがお互いを好きでいれば、それを伝え合っていれば、関係は続く。このとき、「好き」は無敵だ。もうひとつ例を挙げよう。夢を追う売れないバンドマンだ。音楽での収入はほとんどなく、アルバイトを掛け持ちして何とか生計を立てている。親には「はやく就職しろ」とうるさく言われ、恋人には愛想を尽かされ振られてしまった。4畳半の暗い部屋の硬い布団で今日も眠る。いつか輝くステージに立つその日を夢見て・・・。少し妄想が過ぎたが、彼は音楽が好きなのだ。何よりも、誰よりも音楽が好きなのだ。だから、世間の目も、親も、恋人も関係ない。彼の「好き」はそれらを越えている。とてもかっこいい。いつか成功してほしい。そしてライブを見に行きたい。彼の、音楽が好きだという気持ちは無敵だ。

 

さて、こんなところにしておこう。十分自己満足した。冒頭の言葉をもう一度考えてみる。「好きなことで、生きていく。」正しいと思うが、やはり、言葉足らずのように感じる。こう付け足したらどうだろうか。

「好きなことで、生きていく。たくさんのものが立ちふさがるが、それらを越えていける無敵の『好き』を心に持って生きていく。」

負けないこと・投げ出さないこと・逃げ出さない事・信じ抜くこと・・・。何が大切かわからないこの世の中で、本当に大事にすべきことは何なのか。

こんにちは。まえしまといいます。ブログは初めてです。よろしくお願いします。

さて、名曲の歌い出しをタイトルにするという大胆かつ挑戦的な事をしました。理由というか、それにはのちほど触れることとして。

結論を先に言っておきます。本当に大事なものは、「自分」です。自分が生きているということです。自分がすきなように生きているということです。なに当たり前のことをいっているんだと思うかもしれません。でも、忙しい日常を生きていると、忘れてしまいませんか。仕事や、家族や、世間の目。僕らを縛っているものはたくさんあります。そんなとき、思い出してほしい。本当に、一番に大事にすべきは「自分」なのです。これを忘れてしまうと、なんのために生きているのかわからなくなって、僕のように、体はいたって健康なのに心を病んでしまって、「死にたい」と思ってしまうかもしれません。それはとても悲しいことで、危険な状態です。自ら命を絶つことほど悲しいことはありません。生きていることは素晴らしいことです。自分を殺さないでください。

 

ふう、おっけー、ここから先は読みたい人だけ読んでくれればいいです。大事なことは言いました。タイトルに触れましょう。『それが大事』©大事マンブラザーズバンドです。この曲のサビを聞くたび、僕は、「どれ!!!」と突っ込んでしまいます。別に批判をしているわけではなく、とてもいい曲だと思います。なぜタイトルに選んだかというと、インパクトを重視したというのが一番ですが、やはり、こうなっている人は多いのかな、と。すなわち、生きていくうえで何が一番大事が分からなくなっている人は多いんじゃないか、ということです。何度でも言いますが、大事なのは「自分」です。自分が生きていることです。負けないことも、投げ出さないことも、逃げ出さないことも、信じ抜くことももちろん大事ですが、一番大事にすべきは「自分」です。何度だって、分かりきったことだとしても、僕は断固として言い切ります。大事なのは、「自分」です。

 

まあ、書き出したら止まりませんが、初めてなのでこの辺にしておきます。ここまで読んで下さりありがとうございました。